HOME > docomoとソフトバンクの比較

料金で比較/docomoとソフトバンク

docomoとソフトバンクの人気スマートフォンを料金で比較します。

社名 基本料金 パケット定額 インターネット接続使用料 合計 契約期間 解約金
docomo タイプXiにねん:780円  4,935円
(Xiパケ・ホーダイ ライト)
315円 6,030円 2年間 9,975円
ソフトバンク ホワイトプラン:980円 5,460円 315円 6,755円 2年間 9,975円

月の利用データ量が3GBを超えた場合は、その月に関しては通信速度が送受信時最大128kbpsに減ります(通常:受信時最大75Mbps、送信時最大25Mbps)。2GBごとに2,625円を支払うことで通常の速度に戻すこともできます。

参考:1000kbps = 1Mbps(光通信からISDN通信に速度が落ちるイメージで良いと思います。)

※月額5,985円のXiパケ・ホーダイ フラットで契約すれば、月の利用データ量が7GBまで上限を引き上げることも可能です。

いずれにしてもdocomoのパケット通信プランでは上限があるので、スマートフォンをたくさん使いたい方は、上限のないソフトバンクのスマートフォンにMNPで乗り換えることをオススメします。

割引キャンペーンで比較/docomoとソフトバンク

docomoのGALAXIまたはソフトバンクのスマートフォンにMNPで乗り換えた場合の割引キャンペーンで比較します。

社名 キャンペーン
docomo 月々サポート
対象のスマートフォン(GALAXI)にMNPで乗り換えであれば、※3200円分の利用料金が貰えます。
応援学割2013:基本使用料3年間無料
Xiデータプラン ライト割
Xiデータプラン ライト にねんの月額料金が4,935円 → 月額3,980円
(2013年3月31日までの申し込みで)
学生家族いっしょ割
「応援学割2013」「応援学割2012」加入者対象で対象機種1台につき最大10,000円引き
(2013年2月28日までの申し込みで)
ソフトバンク MNPにより乗り換えで『スマホタダ割』
ホワイトプラン(980円)2年間無料+ソフトバンクポイント5,280ポイント
または、ソフトバンクポイント28,800ポイント
スマホBB割:自宅のインターネットとセットでスマートフォンの利用料金から最大2年間月々1,480円割引
学割:ホワイトプラン(980円)3年間無料
スマホ下取り割:最大20,000円
スマホファミリー割:家族のパケット定額料金が5,460円⇒2,980円

※機種により金額は変わります。各スマートフォンのキャッシュバック金額についてはdocomoにお問い合わせをして下さい。

両社ともスマートフォンの機種代金は実質無料となります。

docomoと比較して、ソフトバンクの人気スマートフォンに乗り換えるメリット

基本使用料の割引があり、ホワイトプラン2年間無料+ソフトバンクポイントが5,280ポイント付きます。

お持ちの電話がスマートフォンで乗り換えるのであれば、ソフトバンクは下取りがあるのでお得です。

家族でMNPで乗り換えるのであれば、パケット定額の割引があります。

『乗り換え.com,おとくケータイ.net,スマホカフェ』のようなソフトバンク代理店でMNPで乗り換えれば、3万円以上のキャッシュバックが貰えます。詳しくはTOPページをご覧になって下さい。

ソフトバンクと比較して、docomoのスマートフォンに乗り換えるメリット

3200円分(GALAXIの場合、機種により異なります)の利用料金が貰えます。

2013年3月31日までの申し込みで、※Xiデータプラン ライト にねんの月額料金が4,935円 → 月額3,980円になります。

2013年2月28日までの申し込みで「応援学割2013」「応援学割2012」加入者対象で家族と一緒に購入すると最大で1万円のキャッシュバックがあります。

※『Xiデータプラン ライト にねん』の契約はパケット通信の利用データに3GBと上限があるので、あまりオススメはできません。申し込み期間制限もあります。

家族割引もソフトバンクの方がメリットがあります。

以上のことを踏まえて、docomoとソフトバンクの乗り換えキャンペーンの比較はソフトバンクの方が多くのメリットがあります。

スマートフォンを買い取りするサイトがあるので紹介します。手数料や送料は掛からないようです。
ブックオフの関連会社だと思います⇒ ネットオフ

サービスで比較/docomoとソフトバンク

auとソフトバンクの大人気機種をサービスで比較します。

社名 デザリング 公衆無線LANサービス 宅内無線LANサービス
docomo ※無料
(Xi契約でパケット定額に加入の方)
FOMA契約の方は上限があります。
国内:月額使用料は無料
(キャンペーン中)
通常315円
無料:パケット定額契約の方
(2013年3月1日より開始)
ソフトバンク 2年間無料
3年目以降は月額525円
(パケット定額契約の方)
国内:月額使用料は無料
(パケット定額契約の方)
通常490円
無料:パケット定額契約の方

※docomoのパケット定額には上限があるので、デザリングを使用すると更に早く使いきってしまい、回線速度が制限されます。ただし追加料金を支払うと元の速度に戻すことはできます。

デザリングサービスで差がありますが、スマートフォンをより多く使用したい方はソフトバンクにメリットがあります。ただし、2年後から525円掛かります。

この他のサービスに関しては、docomo,ソフトバンクのオフィシャルサイトをご覧になって下さい。

まとめ/docomoとソフトバンク比較

  • 基本料金やパケット定額料金(Xiデータプラン ライト契約に限る)を比較すると、docomoの方が安いのでスマートフォンをあまり使用しない方はdocomoの方にメリットがあります。ただし、docomoはパケット定額通信に上限があるので、スマートフォンを多く使用したい方には上限のないソフトバンクをオススメします。
  • 割引キャンペーンに関しては、ソフトバンクの方にメリットがあります。docomoと比較すると家族割引,スマートフォン下取り,学割,キャッシュバック,無料基本使用料期間の面でお得です。
  • サービスに関しては、デザリングの面でスマートフォンの使用状況により変わります。多く使用したい方はソフトバンク、あまり使用しない方はdocomoになっています。

スマートフォンをあまり使わない方はdocomo、多く使う方はソフトバンクにメリットがあります。

ページトップへ